メインバナー
お問合せ
お問合せ
お問合せ
森の長城プロジェクト
TOP > 事業内容

事業内容

ダイヤモンドコア

ダイヤモンドコアビットを使用し、コンクリートの構造物に対してコンクリートの壁や床に穴をあける穿孔工事です。
電気・空調設備等のケーブルや配水管を増設する為の穴を明ける作業でよく用いられる工法です。
騒音やホコリなどの公害を最小限に抑え、短時間で施工できます。

【 設備・機器について 】

ダイヤモンドコアのページへ →

ウォールソー

ウォールソーイング工法とは、切断面(壁面・斜面・床面等)にソーイングマシン走行用ガイドレールをアンカーボルトで固定し、レールにダイヤモンドブレードがセットされたソーイングマシンの装着を行って、ダイヤモンドブレードの高速回転とソーイングマシンのレール上を移動することに より、対象物を切断する工法です。
正確な切断が求められるドアの開口部や換気口・窓の設置に多用され、レール に沿って切断するため正確な開口部を切断するのに優れています。

【 設備・機器について 】

ウォールソーのページへ →

ワイヤーソー

ダイヤモンドワイヤーソーダイヤモンドワイヤーを使ってコンクリートを切断する工法です。
ワイヤーをプーリーに巻きつけ、ワイヤーを高速回転させながら張力により構造物を切断します。
騒音・振動・粉塵の発生が少なく、公害規制の厳しい場所にも適しており、大型コンクリート構造物の大断面切断などが容易に可能となります。

【 設備・機器について 】

ワイヤーソーのページへ →

コンクリート内部X線調査

ボーリング工事・カッター工事の施工の際、コンクリート内部の配管等を誤って切断してしまう危険性があります。そのようなリスクを回避して、安全に施工するために事前にX線撮影やRCレーダー探知によるコンクリート内部調査を実施することをおすすめいたします。

コンクリート内部X線調査のページへ →

その他附帯工事

フラットソー、ケミカルアンカーなど。


▲TOPへ